自分のミスで自分の首がしまる事態になってしまって大変参っている。ダメージは一瞬で受けるけれど、回復には時間がかかる。わりと回復力はあるほうだけれど。
どうにもならない。この場所では弱音も吐けないのか。誰か私からの理不尽な八つ当たりを甘んじて受け入れてくれないか。

結局、自分の足で立つしかないのだ。この足で歩くのだ。
誰にも関わらないことが傷つかない手段だとしたら、傷つきながら生きていくほうがきっといいんだろう。

f:id:to-to_y:20201018185815j:plain

f:id:to-to_y:20201018185853j:plain

f:id:to-to_y:20201018185923j:plain

あなたは何を失ったことがあるの。

f:id:to-to_y:20201008121832j:plain

f:id:to-to_y:20201008122015j:plain


旅に出たい。
休みさえあればひとりでも行くけれど、ひとりでは浮いてしまうようなところに一緒に行ってくれる人を探してる。この歳でお友達とか、恥ずかしいしなかなか難しいね。打算のない関係って貴重だ。何かあれば大雨の日でも会ってくれるような。昔こんな歌があったかもしれない。
まあ、上面だけでもいいけれど。今のところは。さみしいから。

少し暗い過去があるから、そういうコンプレックスって消えてくれないんだね。おかしいなあ、乗り越えたはずなのに。普段は小さい芽だけれど、ふとした瞬間に大きく成長して心の大部分を占めてしまうような。悩みごとでもなんでもないのに、やっかいだなあ。感情の整理がうまくできなくて。一瞬のもやもや。これからどうやって生きていこう。このまま生きていけるのかな。

内容のない真剣な話を笑わずに聞いてほしい。それで明日には忘れたように笑って。