紅葉

朝起きてスマホを確認すると親友から「京都行こう」という連絡。通知は2時間前。無職の朝は遅い。いつ?と聞くと「今から」と。
私が京都に行きたいと言っていたのを憶えてくれてたんだって。好きだな、そういうところ。

秋の京都。紅葉。ライトアップ。久しぶりに防湿庫からデジイチを取り出した。最近はスマホのカメラ、もしくはコンパクトフィルムカメラばかり使ってて一眼はそこそこご無沙汰。



とても素晴らしかった。すごく綺麗だった。ずっと見ていられる。ずっと見ていたい。
写真よりも肉眼で見るほうがずっと綺麗。

綺麗だね、すごいね、って言い合える人がいて嬉しいな。

思想の秋

フローリング生活がとても寒い。

エアコンが起動するときの音が嫌い。

ポテトチップスを食べながらソファに転がってダメな大人が出てくる映画を観ながら少しだけ安心している。
こんなゴミみたいな1日を丸めてゴミ箱に捨てたい。
わざわざスマホBluetoothでキーボードを接続し、タイピングゲームの寿司打をしている。
こんな無駄な1日だけど終わってほしくない。

私は楽な道を選んでいるけれど、本当にこれでいいのかわからない。何かを諦めて楽をするのと、我慢をして何かを手に入れるのは、どちらがいいの?

私の選んだ道は正しいの?って誰かに聞きたいし、選んだ道は正しいよって誰かに言ってもらいたい。

面接を受けた会社から内定をいただいた。12月から働くことになる。それは全然嫌じゃない。
ゴミみたいな生活が少しは変わるかもしれない。壁に飾りたくなるような生活にはならないけれど、机の上に出しっぱなしでも気にならないくらいにはなるだろうか。
とりあえずは1年間続けるのが目標だ。頑張ってよ私。あなたひとりなんだから。

今日も終わりのことを考えている。
人はいつか離れていくし、だったら最初から近づかない方がいい。堂々巡り。

フローリングは寒い。エアコンをつけても寒い。

夜中に突然「ねえ海行かない?」と電話してくるような友人がほしい。

寿司打するよ。


とうとう今週面接だ。なんと転職エージェントさんが同席するらしい。最近の転職はそういうスタイルなの?全然心強くないし、ひとりの方が伸び伸びできるのに。来ないでください、とも言えず。
私はここが通ったらここに就職しようと思っている。ここで働きたいの?私はどんな仕事でどんな内容なら続けられるの?とりあえず、夜勤だけはもう2度とできない。好きではなくても苦しまずに続けられる仕事がしたい。そんなのは働いてみるまでわからない。


私は夜、散歩をするのが好きだ。でも最近は歩きすぎると気持ちが悪くなる。吐き気がする。ガチのやつだ。帰り道はほとんど泣きながら歩いている。食べすぎなのかな。体力が落ちたのかな。今日も13,000歩しか歩いていない。苦しすぎて途中バス移動をしたから。情けない。

なんにせよ、身体が参ると精神も参る。親友に「消えたい」「ぜんぶ忘れたい」なんて言って変な絡み方をしてしまった。今日の私は天の邪鬼だから「会いたいって言ってくれたらいつでも会いに行くよ」という親友の言葉に“会いたいって言わないと会いに来てくれないんじゃん”とひねくれた考えが浮かんだ。でもそんな幼稚な発言はできないから、心にもないお礼を言っておいた。大好きな親友からの大好きという言葉も全然響かなかったなあ。抱き締めてもらう方が効果的なのかも。

私が泣いてるのなんてきっと誰も気づかないんだろうな。もうダメ消えたい。久しぶりに原因不明の涙が出た。お腹も心も胸も頭も苦しい。私は私が何を望んでいるのかわからない。

もうどこにも行けない気がしている。


前髪を切りすぎたけど親友に大変好評なのでよしとする。

旅行へ行こうと思ってたけど、片道2万5千円に泣いたから諦めて冬服を買う。

来週の予定がすっからかんだ。誰か遊びませんか。

乾燥肌が酷すぎてカサカサどころかパリパリ。ノーメイクで冬を乗りきる。マスクがあってよかったね。

今月は2か所も登山行くしハッピー。もみじ狩りもできる。

来月からしっかり働く(予定)。


ここが路頭

面接は再来週に決まった。まだまだだ。本当は明日にでも面接して気楽に今月を過ごしたかったのに。


親友が、今日の出来事や思ったことなどを毎日報告してくれる。なんで?と聞くと「知ってほしいし、安心してほしくて」と。だから聞かれる前に自発的に言うんだよ、と言われて、それって私にも言えってこと?と少し思ってしまった。でも私は聞かれなければ言わない。今後もこのスタイルは変えるつもりはない。そもそも心配なんてしていない。私たちは親友で、親友というのはお互いが自由であるべきだと思っている。もちろん共有したいのなら受け入れる。ただ、少し傲慢だとは思うけれど。

親友とは細かなところですれ違いというか価値観に相違がある。違う人間同士なのだから当然だ。だからこの距離感がちょうどいい。もう少し離れてみてもいいかもしれない。彼は24時間一緒にいたいと言うけれど。
親友は異性だし、私はこの人のことがとても好きだけど、絶対に恋ではないのだ。実は少し前には、これは恋かもしれないと思っていた。ハグをされると嬉しいし、近くにいたいと思う。でもなんだかやっぱり違う。この人のためにある程度のことができるとは思うけど、恋人になりたいとは思わない。この人に恋人ができてもいい。そうしたら離れるだけだ。それは少し悲しいけれど、嫌だと思うほどではない。結局のところ、私は人としての好きと恋としての好きの違いがよくわからないのだ。会ってるときはとても好きだしくっつきたいと思うけれど、会っていない時間はそうでもない。

私は住んでる県に気軽に会える友人が彼しかいない。だから私の友情の感情が全部この人に向かってるんだと思う。しかも今は無職で他人と接する機会が極端に少ない。早くこの感情をもう少し他所に分散させたい。

あー、でも好きも会いたいも可愛いも全部嬉しい。
悔しい。