卑屈モード

私がいかにクズかなんて私が一番知ってんだから、そんなさ、あなたに教えられることではないのよ。

贈る言葉を聴きながら感傷に浸ってやる。


ベッドに横たわりながら、このまま死ぬのもいいかもなと思ってた。でもここで死体として発見されるのはまずい。いろいろとまずい。せめて死ぬ場所は自分で選びたい。じゃあ、どこでだったら死んでもいいんだろうって考えて、何も思いつかなかった。でも、少なくとも、ここではない。


突然思い出した、変化する悲しみの話。

出会ってしまったときには、あまりの大きさに身動きが全くとれなくなる。でも時間が経つにつれて、少しずつ小さくなって、だんだん体が動かせるようになる。そのうち持ち歩けるようになる。まだまだ存在感が大きくて、私の体の大部分を支配している。けれど過ごしているうちにもっと小さくなってポケットにしまえるくらいになる。そうなったらもう普段は見えない。けれど、ときどきポケットに手を突っ込んだときに思い出す。

「ああ、これは私の悲しみだ」

けして消えはしない悲しみの話。

映画メモ

上半期にみたものメモ。

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

きょうのできごと スペシャル・エディション [DVD]

共に歩く [DVD]

共に歩く [DVD]

シャニダールの花 特別版 [DVD]

シャニダールの花 特別版 [DVD]

さよなら歌舞伎町 スペシャル・エディション [DVD]

さよなら歌舞伎町 スペシャル・エディション [DVD]

秘密 THE TOP SECRET [DVD]

秘密 THE TOP SECRET [DVD]

彼女の人生は間違いじゃない [DVD]

彼女の人生は間違いじゃない [DVD]

昼も夜も [DVD]

昼も夜も [DVD]

アリーキャット [DVD]

アリーキャット [DVD]

HER MOTHER ハー・マザー 娘を殺した死刑囚との対話 [DVD]

HER MOTHER ハー・マザー 娘を殺した死刑囚との対話 [DVD]

スクラップ・ヘブン [DVD]

スクラップ・ヘブン [DVD]

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [DVD]

彼女がその名を知らない鳥たち 特別版 [DVD]

追憶 DVD 通常版

追憶 DVD 通常版

光 [DVD]

光 [DVD]

映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [DVD]

映画「ST赤と白の捜査ファイル」 [DVD]

めぐり逢わせのお弁当 DVD

めぐり逢わせのお弁当 DVD

夢売るふたり [DVD]

夢売るふたり [DVD]

Helpless [DVD]

Helpless [DVD]

おじいちゃん、死んじゃったって。 セルDVD

おじいちゃん、死んじゃったって。 セルDVD

以下、感想。

続きを読む

幽霊だったらいいのにな、あの人

残念ながら生きてます。

就職活動をしなければなりません。残念なことにウソの志望動機すら思いつかない。就職したらここに縛られるんだな。そんなのは絶対に嫌だな。まだ卒業したわけでもないのに、とても忙しい時期なのに。10年遅れの人生だ。
この先、嫌なことしかないんだな。未来には夢も希望もない。血と涙しかない。
人生の負け犬同盟を組みたい。傷の抉り合いがしたい。


涙の絵文字を送ってきといて、どうせ笑いながら打ってんだろ、返事なんてしないからな。

口内炎の親玉みたいなのができて歯磨きの時間が拷問でしかない。

深夜1時の外で、風の音も虫の声も何も聞こえない完全なる静寂を聞いた。
私が歩く音だけが音の全てだった。

だというのに、違う日には夜中の鳥の声に悩まされる。チュンチュン、カーカー、騒々しいな。私は眠れそうにない。
うまいこといって深夜1時にベッドに潜り込めたとしても、全然眠くならない。久しぶりですね、不眠さん。朝日が早いから目覚めも早い。そんな話をしたら「不眠症に幻聴か」と言われてしまった。笑い事である。


表情や態度には全く出ていないけれど、この人めっちゃ怒ってんなあ、っていう人を見た。というか怒りの矛先は私だった。私もすっかり反省してる振りをしながら、全く別のことを考えていた。


喜怒哀楽の哀こそ人間らしい感情だなあと思った。人間からどんどん離れていっているような気がする最近。

オムレツと塩焼きそばとアボカドとベーグルが食べたい。
明日と明後日の朝ご飯がないことに絶望している。

今、冬がはじまればいい

言葉にしたら負けなのだ。

勝敗があるわけではないが、後悔することだけはわかっている。

もう本当に耐えられそうにないような出来事に出会って、それを誰かに愚痴ったとして、「そうだね」と受け止めてもらうことができたとして、何もすっきりしないことがわかっている。その瞬間、誰かに聞いてほしくて仕方なかったけれど。もう、過ぎたんだ。辛かったなあ、死んでしまうかと思った。

今までゆっくり時間をかけて築いてきたものが一瞬で粉々に壊れてしまったような気がする。ここからどうやって立て直すのか、その方法がわからない。いっそ逃げてしまいたいと思ってる。

失うものなんて何もなければよかったのに。
上っ面で生きていくことを受け入れなければいけない。


嫌いっていうのは、好きよりもよっぽど厄介な感情だ。

自分を好きな人はどうやって自分を受け入れてるんだろう。