なんだかものすごく評判悪い人とも普通に会話できるものなんだなと思っていた。そうだな、私の前で失態を犯してくれたわけではないから。私には私から見た他人しかわからないから。とても悪い噂は聞いてるが、私に害がなければそんなもの、他人と区別する理由にはならないし、まったく何も関係ないんだ。あまり知らない人はみんな一括りでいいや。他人の評価で自分の中が上書きされるのが嫌だ。人間なんて嫌だ。なんとかなるなんて思ってる自分が嫌だ。死んでくれないか。

プレイリストに暗い音楽しか入ってなくて、明るいのを探してるとこ。

選んだ道の正しさを祈った

「世の中にはいじめる人といじめられる人がいるから、あなたはそれを助ける人になってください。そうなれる人だから。」と涙ながらに言われた。「私はずっといじめられてきた」とも。そんな立派な人間にはなれない。正直「え、なんで泣くの」と考えていた。

私はずっと傍観者だった。興味ないんだ。
私は主犯よりも見て見ぬ振りをする奴のほうが悪だと思う。だから私はずっと悪だ。自分のことも他人のことも見ようとしない。だからたぶん何も気づけない。誰にも手を差しのべられないし、差しのべる機会すら見逃す。

そもそも優しくすることさえ躊躇うんだ。なんせ優しい人だとか思われたら迷惑だろう。


ねえ、過去に拘ってるのは周りばかり。周りが気にするから、こちらに返ってくるのだ。私に、もう忘れさせてくれよと消えてくれない傷跡を見ながら思う。触れないのは優しさか、敬遠か。どうして消えないんだろう。

失敗したら即退場

やり直しを許さない日本の風潮が嫌いだ。

誰にでも、更生する機会があるべきだ。責任の取り方がさようならというのは無責任の気がする。失敗した人にしかわからない世界があるし、同じ轍は踏まぬという意思も芽生えるだろう。責任とって辞めろ、じゃなくて、責任とって挽回しろよ、という責め方ができないものか。それを生かすか殺すかは本人次第だとしても。せめて1回目なら。

ということで、誰か私に失敗を許してください。これからする失敗を。


人生について考えたらこんな場所に居るべきではないという結論にたどり着いた。
したいことをするのが人生だとは思わない。でも心が削られていくようなこの場所にずっと居続けられる自信がない。

ということで、私は逃げたい。そろそろ死にたい。

でも全部清算しなきゃ駄目なんだ。なんせ責任がつきまとってるから。
清算するには5年くらいかかりそう。


5年、5年後この気持ちが続いていたら、もう終わらせてもいいんじゃないかと思ってる。

まず逃げよう。私から。そこから考えよう。

屋根がないのだ

家族といるのが楽なのは笑わなくていいからか。もしくは喋らなくていいからか。私はきっと、笑いたくないし喋りたくないんだ。だけれど言葉を聞かされるから、やっぱりひとりが楽なのだ。

一生。一生誰にも知られず生きていくことが可能だろうか。私が思い出さない限り、私の過去は存在しないのと同じだろうか。ただ只管こわい。過去がここまで追いついてくることが。そしたらまた逃げるんだろう。

どこにでもある人生だけど。同じような人生は世界中にたくさん転がってるけど。
でもそれは、私とはなんの関係もない。辛さ比べとか、小さな幸せとか、だからなんだ。