読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

首折り男のための協奏曲

首折り男のための協奏曲

 

久しぶりの伊坂作品。黒澤さんの窮地ということで読みたくなった。やっぱり面白いなあ。でもここ最近は伊坂さんの小説から遠ざかってた。何故か女の人がみんな同じ風に思えてしまう。あと映像化されたりしてると、なんか敬遠してしまう。と言っても伊坂さんの小説を読むようになったのは「アヒルと鴨のコインロッカー」の映画を観たからなのだけど(素晴らしい映画だよね!)。クワガタ(というか小説家のところが)面白かった。