来月がまだ、今年だということに少し安心した。来月には来月が来年になってしまう(ちょっとややこしいな)。

明日死ぬというよりは、来月死ぬかもしれないと思いながら過ごしてる。そういう風に思い続けてもう数か月どころではないが。でも本当はずっと生きるのだと思って過ごした方がいいんじゃないだろうか、とも思う。そう思うのはとても難しいだろうけど。ずっと生きるのは死ねないのと同じだものなあ。それは苦しそうで考えられない。

頭が重くて体もだるくて気持ちが悪い。体調が悪いんだろうなと思っていたけど、お風呂に入ってる時にそうじゃないことに気がついた。落ち込んでるんだな、私。それも相当。そう考えたら妙にしっくりきて、そういえば確かに思い至る理由もある。けれどこの理由がくだらな過ぎて我ながら呆れる。ただ何かを全部横取りされた気分。私の来年とか、そういう漠然としたもの。来年を横取りされも困らないが。