別に弱いわけではないけれども、ちょっと迷子になることもある。感情を整理するための記録として。


もういい大人なのだから簡単には誰も頼れないっていうのは、私の生きることへの執着を少なくしている要因のひとつである。本音も弱音も秘密の話も、自分の中に留めておくことしかできない。会社内という狭い世界でしか生きていないというのが致命的だ。職場の人から個人年金は入っておくべきだと力説されても、そんなに長生きする予定もない私には入るべき理由が軽すぎる。

24歳の子に「ときどき、ふとした瞬間になんで生きてるんだろうなあって思うんですよ」と言われた。どの年代でも似たようなことを考えるものだ。だからって君は死んでいいわけではないでしょう?おそらくは。

ほんとなんで生きてるんだろうなあ。死ぬ理由がないからかなあ。


ずっと前から、考えてることも欲しいものも対して変化していないということに嫌気がさす。


f:id:to-to_y:20201108143130j:plain

f:id:to-to_y:20201108144434j:plain