僕らは少しも大切に思われない

お風呂の石鹸と晩ご飯の匂いの混ざった道を散歩する。


私は私が死んだ後の話を読んでみたい。

みんな誰かの大切な人だなんて嘘じゃないか。