読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

例によって形から入るタイプの私は、予備校に通うに当たって必要なものを考えた。

まず折りたたみ傘。だって長傘は紛失するでしょ。わかってるのよそんなこと。

それからリュック。荷物が多くなりそう。手は空いてるほうがいい。

ペンケース。

パスケース。

心の準備(おそろしく憂鬱)。

もう何度も思ってるけど、やっぱり自分が何処へ向かってるのかさっぱりわからない。

でも家族はうまくいかなくてもいいのだと、言ってくれる。1年勉強して、試験に落ちてもいいと。本当はそんなことは絶対に避けてほしいだろうけれど。外に出て色々なことに触れて、もっと活動的になるかもしれないし、何か変わるかもしれないし、だから勉強を頑張ったけれどうまくいかなくて、それで全部無駄というわけではない、と言ってくれるのです。ありがたいです。普段は嫌だなって思うことのほうがずっと多いけれど、それでもやっぱり家族はありがたい。

でもとにかく頑張ることが条件。

1年目駄目で落ちても浪人するの。拾ってくれる神に出会えるように。