読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢を見た。そして久しぶり、泣きながら目覚めた。泣き声で起きた。今でもはっきり覚えてる。愛犬が帰ってきた夢。夢の中だったのに私は彼が死んだことを理解してた。死んだのに帰ってきた。そんな馬鹿な見間違えだよそっくりな犬だよ、って思った。でも見間違えじゃなかった。重さも匂いも触り心地もあの目も鼻も。疑ってじっくり見たから間違いない。夢だけど重さもわかったし匂いもしたし毛の感じまで本物だった。わさわさな冬毛だった。なのにいつの間にかいなくなってて、やっぱりもういないんだなって思ってすごく泣いた夢。目覚めても涙が止まらなかった。嬉しいのか悲しいのかわからない。夢の中に閉じ込めてほしかった。